車買取業者ごとに査定額が違うのはなぜか

車マニアの太一です。

 

前回、車一括査定を利用した方が高額査定になりやすい、というのを書きました。

交渉次第で愛車の買取価格を上げることができるというのは理解できたかと思いますが、見積もりを出してもらった段階で査定額にバラつきがあるのはなんでか気になりませんか?

 

同じ条件の車なのに見積もり額が違うのには理由があるんです。

 

そもそも車の査定は、以下の項目を確認して査定額に反映させているんです。

 

・車種やグレード

・年式

・走行距離

・ボディカラー

・傷やへこみなどの車の状態

 

上記の条件は、傷の程度などで多少の差はありますが、どの査定士が見てもほとんど変わらない評価となります。

 

では、何が査定額にバラつきがある原因になっているのでしょうか?

 

販路と管理コストで査定額が変わる

 

車を買い取った時、業者はその場で店頭に出すということはしません。

通常は中古車販売業者だけが使えるオートオークションに出して売り、代わりにオートオークションで仕入れた車を店頭で販売します。

 

また、オートオークションとは別に販売ルートがある車買取業者の場合は、より高額な査定額を提示することができます。

オートオークションに出すのにもコストがかかります。

しかし、オートオークション以外の販売ルートをたくさん持っている場合、オークションにかかるコストを削減することができるのでより高い査定額を出すことができるのです。